linuxエンジニア将来性にかけるチャンス

専門職として、IT技術者として仕事をしてきた方の中には、「将来が不安だから、もっと将来性ある職種へとキャリアチェンジをしたい」と考えている方もいると思います。
同じIT業界でも、流行り廃りによっては、「このままでは、仕事がなくなってしまうかもしれない」という危機感を感じている方もいるでしょうから、今から転職を考えている方もいるでしょう。

既にご存知の方も多いと思いますが、linuxエンジニアというのは人材不足の状態。
これは、日本だけではなく、アメリカなどでも同じことが問題となっています。
これだけ、多くの企業が導入しているにも関わらず、技術者が足りないというのは大変なことですよね。
実は、過去2年間でlinuxを導入している企業というのは75パーセントにも増えています。
そのため、linuxエンジニアの採用に力を入れている企業が増えています。ということは、今であればlinuxエンジニアとして活躍出来るチャンスが掴めるということ。
もちろん、linuxエンジニアであれば、将来性としても高い職種となっていますから、「仕事がなくなってしまった」という可能性は低いでしょう。
海外でも通用する技術ですから、linuxエンジニアとして経験を積んでいくことで、活躍の場を更に広げられる可能性が出てきます。

linuxの知識を身に着けたいと考えている方は、資格取得なども目指すと良いですよ。
資格取得をしていれば、世界でも資格により有利に転職することが出来ますからね。
世界で受験されている資格ですから、取得することで自信を得ることも出来るでしょう。
このように、linuxエンジニアは不足している状態のため、転職するチャンスとも言えますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です