linuxエンジニアの将来性への期待

エンジニアとして活躍している方は、それぞれ身に付けたスキルや技術力は異なると思います。
どういった企業で仕事をしているのか、どういった部署で仕事をしているのか、どういった仕事に携わってきたのかによって、身に付いたスキルも変わってくるでしょう。
そんな方の中には、「将来のことを考えて、linuxエンジニアへ転身をしたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

IT業界は、どんどん新しい技術が出てきており、毎日のように勉強をしている方も多いと思います。
2000年に入ってからは、「linuxを学んでいた方が良い」と言われたことがある方もいるのではないでしょうか。
linuxの知識は、今でも変わらずに多くの企業に求められる技術力となっており、転職時にも有利となっています。
linuxが誕生してからは、既に20年以上も経っていますが、現在ではスマートフォンや家電などにも取り入れられており、多くの場で必要とされる技術力となっています。
しかし、これだけ多くの場で必要となる技術にもかかわらず、技術者が不足しているのが現状。
そのため、linuxエンジニアという存在はとても需要が高まっているんですよ。

今後も、スマートフォンや家電などにlinuxの技術が取り入れられられることになるでしょうから、将来的にもlinuxエンジニアの活躍の場は広がってくるでしょう。
需要が高まっているということは、将来的にも有望な職種となりますから、安心して仕事を続け、経験を積んでいくことが出来るのではないでしょうか。
エンジニアの方で、linuxエンジニアを目指している方は、こういった将来性なども考えながら活動してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です